「食」の贅沢、
旬な「食パン」を食べて
季節を感じる
「月初め食パン」
 
月初め1日から7日間
「限定販売」(一部店舗を除く)

月初め食パンとは

「水にこだわる高級食パン」の生地に毎月の旬の味わいを巻き込んだ1斤サイズの食パン。毎月初め1日から7日間の「限定販売」(一部店舗を除く)でございます。
5月1日(日)から販売開始する初回は伊勢かぶせ茶あんを巻き込みました。また、紙袋にはこの「月初め食パン」と連動した銀座に志かわ千社札のステッカーが貼られています。
月初め食パンとは

2022年5月は 伊勢かぶせ茶あんを巻き込みました。
5月は 植物が芽吹いて、体感的にも日光を感じ、いよいよ鮮やかな緑色の葉を茂らせる季節。そしてお茶の葉の新芽が出る一番茶の季節で、茶摘みが始まります。そんなさわやかな緑の季節に合う、あんことしてお茶のあんこ。その中でも苦みを抑え、甘みの広がる伊勢かぶせ茶あんを選びました。銀座に志かわの食パンにほんのり甘い生地にも非常に合い、また色合いも「新緑」を連想させるトーンで、この季節に合うあんことして選びました。

月初め食パン

かぶせ茶とは

茶樹に覆い(寒冷紗:かんれいしゃ)を被せ日光を抑えることで芽に旨味が凝縮し、苦渋味が抑えられたさわやかな渋み、まろやかな旨味と上品な甘さが特徴のかぶせ茶。お茶のコクと芳醇(ほうじゅん)な香り豊かなあんになりました。そして、ふんわりもちもちの銀座に志かわの食パンに巻き込み、ほんのりした甘さの中にお茶の中にある、さわやかな渋みを溶け込ませました。ほのかな甘みと芳醇な香り、さらりとした食感は新緑の季節にぴったりのあん食パンです。トーストしてバターをのせると、バターの塩味と伊勢かぶせ茶あんの甘みが絶妙にコラボした絶品トーストが楽しめます。また、使用しているかぶせ茶は国内生産量が一位の三重県の中でも著名な伊勢かぶせ茶あんを使用しました。
かぶせ茶とは

 
 

皐月 伊勢かぶせ茶あん
月初め食パン 5月 伊勢かぶせ茶あん
880円(税込950円)

2022年5月1日(日)より各店舗にて7日間 「限定販売」(一部店舗を除く)